山形県天童温泉ほほえみの宿滝の湯の自家農園をご紹介します

人と自然にやさしいほほえみの宿

  • 春の農園
  • 夏の農園
  • 秋の農園
  • 冬の農園

春の農園

夏の農園

秋の農園

冬の農園

「滝の湯」では、自然の恵みの「安全・安心・美味しい」の農産物をお客様にお出ししたいとの願いから、 約20年前に自家農場での栽培を思いたちました。 今では、自家農場は7反歩(1反歩約300坪)の畑になり、 春から秋、冬まで順次、露地栽培の農産物を収穫して、ご宿泊のお客様の夕朝食に使用しております。 まだ、すべての野菜を自家栽培でまかなうことはできませんが、果物等も私どもと同様の有機栽培をしている 農家の人々の協力を得てお料理に使用していたしております。

天童の地産地消

天童の地産地消

「地産地消」は本来、その地の作物を地元の人々が味わい、 自然の恵みを与えてくれた郷土に感謝を込めることと考えます。 私たちがめざし造る、ここ天童の地産のすばらしさを、ご来館いただく皆様にも是非知っていただき、 「地産地消」の体験を通じて、私ども同様に天童、山形の地を大好きになっていただければ幸福です。


ほほえみの宿 滝の湯 代表取締役会長 山口 元

循環型有機農法

背景

  • 無農薬野菜 自家農園では無農薬で季節の野菜、ワイン用のぶどうなど作っています。
  • 矢印
  • 調理
  • 矢印
  • お食事
  • 矢印
  • 食べ残し 割り箸
  • 矢印
  • 自家製竹釜 残渣処理
  • 矢印
  • 竹酢液 堆肥場
  • 矢印 防虫防菌
  • 堆肥
  • 肥料

循環型有機農法

残渣処理

残渣処理

一次発酵させた堆肥と牛糞や炭、燻炭、籾殻、藁、木酢液、米ぬか、油かす、畑の雑草などを混ぜ合わせ、3~4ヶ月の期間、二次発酵させます。

自家製竹釜

自家製竹釜

竹箸はこの中で焼かれ、煙が15mの煙筒を通る過程で冷やされて、煙から分離して竹搾液ができます。

堆肥場と竹炭

堆肥場と竹炭

農場には2カ所の堆肥を作る、堆肥場があります。ここでバクテリアによる自家発酵など、約3~4ヶ月で堆肥になります。手前の黒い小山は竹炭。竹炭は粉状にして土の活性力を補う肥料にします。

ぶどう園

ぶどう園

20年ほど前から休止しようしていた7反歩のぶどう畑を引き継ぎ、生食用とワイン醸造用のデラウェア種の栽培を始めました。デラウェア種の収穫から、 自家製有機ワイン「陽だまり」がつくられ、軽くてフルーティな飲み口が好評いただいております。

ぶどう畑も農場と同様に土壌回復から始めて、有機栽培のぶどう畑にすることができ、シャルドネ、カベルネソービニヨンの育成も進んでおります。苗木から成木に、そして収穫、醸造、熟成と気の長い話ですが、私たちのスローライフへの取り組みは始まったばかりです。

自家製有機ワイン「陽だまり」